乳児性湿疹っていつまで続くの?原因は?ケアの仕方は?

 

 

 

それでは、乳児性湿疹とは、どんな物なのか説明していきますね。

 

乳児性湿疹とは、
新生児期から乳児期にかけて出来る乳児特有の湿疹の事です。

 

 

 

大人と比べると、肌がとても薄く敏感で、
しかも肌のバリア機能が弱い為、色々なトラブルが起きやすいのです。

 

 

 

特に肌を露出しているほっぺたやおでこに出来やすく、
他にも顔や体、手足など、あらゆる所に出て、

 

 

赤くカサカサになったり、ジュクジュクしたり、
痒みや痛みがあって腫れたりと様々な症状があります。

 

 

しかし、多くの赤ちゃんが一度は経験する事なので、
原因やケアの仕方が分かれば、いつまで続くのだろうと心配する事もありません。

 

 

 

 

乳幼児性湿疹の原因は何なの?

 

 

赤ちゃん一人ひとりの体質の違いや
環境の違いが原因で出来る事もありますが・・・

 

食べこぼしやよだれ、
汗が肌に付いたままにしておく事も原因の一つです。

 

 

また生まれてまもない時期は、
お母さんから貰った女性ホルモンの影響で皮脂が多く分泌しています。

 

 

しかし、赤ちゃんの皮脂腺は小さく未発達な状態である為、
皮脂が毛穴に詰ってしまい、乳児性湿疹の中でも一番多く見られる、
新生児ニキビ・脂漏性湿疹になります。

 

 

そして、寝返りの出来ない状態で
ずっと布団の上に寝ている為、布団の汚れが原因になる事もあります。

 

 

ですから、常に清潔に保つ事が大切になってきます。

 

 

余談になりますが、時々、赤ちゃんの湿疹など、
ご自分の妊娠中の食生活が原因だと
考えて悩んでしまうお母さんがいますが、それは違います。

 

 

昔は、子供に出来る湿疹は、“胎毒”と呼ばれ、
お母さんの体の中にいた時に、溜まった色んな毒を出していると言われていました。

 

 

しかし、妊娠中にいくら食生活に気を付けていても、
赤ちゃんはみんな皮膚が弱く、

 

 

皮脂の分泌が多い為に肌トラブルが起きるのであり、
自分の赤ちゃんだけではない、自分の責任ではない!と言う事を覚えておいて下さいね。

 

 

>>幼児性湿疹にオススメの保湿剤!

 

 

 

 

乳児性湿疹の種類と症状

 

 

乳児性湿疹にはどんな種類があるのでしょうか。

 

主な物を取り上げて行きたいと思います。

 

 

@新生児ニキビ・脂漏性湿疹

 

 

生後1週間から2ヶ月の間に良くみられ、
ぽっぺたやおでこ、頭皮などに赤いブツブツした物が出来ます。

 

黄色っぽく、カサカサしていてフケの様な状態になったりします。

 

 

痒みはなく、むずがったりはしない様ですが、
赤ちゃんは、良く手を顔に持っていく事が多いので、
引っかいてしまい、湿疹をつぶしてしまう事があります。

 

 

そのせいで、血が出たり、
炎症を起こしてジュクジュクになったりします。

 

 

場合によっては顔全体に出来る事もありますが、
肌を清潔に保っていれば生後2ヶ月位で、自然治癒していくのが一般的です。

 

 

 

Aあせも

 

 

赤ちゃんの湿疹で多いものとして、あせもがあります。

 

赤ちゃんは大人と比べ、
体温が高く、大人よりたくさん汗をかきます。

 

しかし、赤ちゃんは汗腺が未熟なため、
汗が停滞して汗腺をふさいでしまうことがあせもの原因になります。

 

 

また、あせもは、新生児から
生後2ヶ月くらいまでの寝返りが出来ず、寝てばかりの赤ちゃんに多く見られます

 

 

つまり、夏の暑い季節はもちろん、
冬でも大人の感覚で、少し厚着をさせすぎると
大量の汗をかいてしまいますので気を付けなければいけません。

 

 

 

出来易い場所として、頭皮、首周り、脇、肘の裏、
膝の裏、お尻、背中などや、皮膚が重なっている所などがあります。

 

 

あせもは、痒みを伴う為、無意識に掻いてしまい化膿してしまうと、
ブドウ球菌に感染して全身へ広がり悪化する場合があるので、早めのケアが大切になります。

 

 

 

B乾燥性湿疹

 

生まれたばかりの赤ちゃんは、皮脂が多く出る為、
乾燥とは無縁の状態ですが、
生後3ヶ月を過ぎた頃から、皮脂の分泌が落ち着きだします。

 

 

その代わり、皮脂で守られていた
薄い皮膚が乾燥して、痒みや湿疹などが出来てきます。

 

 

乾燥性湿疹は背中やお腹など、
表面積の大きな部分に出来易いのが特徴です。

 

 

乾燥肌になると、肌を守るバリア機能が弱くなり、
炎症や、痒みなどを伴う乾燥性湿疹が起こりやすくなります。

 

 

そして、乾燥性湿疹は赤ちゃんが寝ている時など、
体温が上昇すると痒みが強くなりますので、
夜中に何度も目を覚ましたり、ぐずついたりする事も一つの特徴として挙げられます。

 

 

特に、生まれて3ヶ月が経つ頃に、
冬を迎える赤ちゃんには気を付けなければいけません。

 

 

皮脂が減る時期と空気が乾燥する時期が重なりますので、
肌の乾燥が酷くなり、これに耐えられなくなった赤ちゃんの肌は、
カサカサになり乾燥性湿疹になってしまいます。

 

 

乾燥性湿疹が酷くなると、
アトピー性皮膚炎になる事もありますので、しっかりケアをしてあげましょう。

 

 

以上、赤ちゃんの乳児性湿疹の主な物を取り上げてきましたが、
それではどの様なケアが必要なのか、お伝えしていきます。

 

 

>>幼児性湿疹の人気の保湿剤なら!

 

 

 

 

乳児性湿疹のケアの仕方

 

乳児性湿疹は、多くの赤ちゃんが経験するもので、
肌を清潔に保っていれば、基本的には自然と治まっていきます。

 

 

いつまで続くの?と心配しなくても、
長くかかったとして、一年位で治まります。

 

 

赤ちゃんの抵抗力が出来てくると
症状も良くなって来ますので、心配し過ぎないようにしましょう。

 

 

乳児性湿疹には色んな症状がありますが、
どんな症状が出たとしても、入浴の時にきちんと洗って、

 

汚れた時など綺麗なガーゼでこまめに拭いてあげるなどして、

 

・肌を清潔に保ってあげる事

 

・お風呂上りに保湿剤を塗るなどしっかりと保湿をしてあげる事

 

 

この二つの事が基本になりますので、
悪化しない為にもきちんとケアしてあげる事が大切になります。

 

 

 

特に気を付けたいのが、赤ちゃんが肌に触れる
機会の多いものは、こまめに洗濯するなどして清潔に保つ事です。

 

 

また、湿疹がかさぶたになる事がありますが、
無理に剥がさない様にしましょう。

 

 

入浴前にワセリンやベビーオイルなどでふやかしておくと、
お風呂に入った時剥がれ易くなります。

 

 

お風呂で体を洗う時は、乳幼児用の石鹸を良く泡立てて優しく洗い、
石鹸のすすぎ残しが無い様にしっかりとすすぎ、
顔に出来ている場合も、顔も泡で綺麗に洗ってあげましょう。

 

 

この時もすすぎはきちんとして、泡が残らないように、
ガーゼなどを湿らせて優しく拭いてあげましょう。

 

 

更に、お風呂上がりで水分が肌に保たれているうちに、
保湿クリームやベビーローションを塗って、乾燥しないようにしてあげてください。

 

 

また、夏場で汗をかいたり皮脂の多い時は、
肌の表面に雑菌が繁殖しやすいので、
こまめに顔や身体などをガーゼで拭いてあげる事で、毛穴に皮脂がたまりにくくなります。

 

 

そして、清潔な衣類に着替えさせてあげましょう。

 

 

ここまで、乳児性湿疹についてお話してきましたが、
乳児性湿疹は一歳位を目処に治っていく事が多いので心配しなくても大丈夫です。

 

 

肌のバリア機能がきちんとなるまでは、
ばい菌が侵入するのを防ぐため肌を清潔に保ってあげ、
症状がひどい場合は頭や顔を洗ってあげる回数を増やすのも一つの対策になります。

 

 

また、赤ちゃんが生まれた時期で、
皮脂の分泌量が減る時と冬の乾燥する時期が重なる場合は、
肌をこまめに保湿してあげる事が大切になってきます。

 

 

乳児性湿疹の中でも、新生児ニキビに関しては、
必ず保湿が一番とは言えませんが、

 

他にも起こるかも知れない乳児性湿疹の予防の為にも、
保湿はしっかり行っていた方が良いでしょう。

 

 

初めての子育てで不安も一杯な上に、
肌トラブルが起きてしまうと、心配しなくても大丈夫、と言われても安心できませんよね。

 

 

いつまで、こんな状態が続くのだろう、と戸惑う事も多いかと思います。

 

 

そんな時は、経験豊富な先輩ママに相談したり、
沢山の情報もこうやって手に入る時代ですので大いに活用していきましょう。

 

 

これまで自分がお伝えしてきた事が、
新米ママの安心出来る情報となれば幸いです。

 

 

不安になったら何度でも読み返して、安心してくださいね。

 

 

 

>>幼児性湿疹に人気1保湿剤はコチラ!