この症状は乳児性湿疹?アトピー?どう違うのか教えて!

 

 

 

赤ちゃんの肌は繊細で抵抗力も弱い為、
色んな原因で湿疹が出来てしまう事があります。

 

 

生まれてすぐには、皮脂の分泌が盛んな為に起きる
新生児ニキビ・脂漏性湿疹

 

汗かきの赤ちゃんに多い、あせも

 

生後3ヶ月過ぎ位から、
皮脂の分泌が落ち着くことで出来てしまう乾燥性湿疹などがあります。

 

 

 

乳児性湿疹は殆どの赤ちゃんが出来るので、
肌を清潔にして、保湿をしっかりしておけば、5ヶ月位〜1歳位で自然と治まってきます。

 

 

しかし、中々治らなかったりすると、心配になりますよね。

 

アトピーかもしれないと言う不安にもなるかもしれません。

 

 

ただ、乳児性湿疹とアトピーの症状は似ているので、
お医者さんにも診断が難しいのが現実です。

 

 

 

アトピーの症状

 

 

アトピーの症状が出るのは生後4ヶ月以降が殆どです。

 

良くなったり悪くなったりを繰り返し、
頭、顔にはじまって、体や脚に出来だし強い痒みがあるのが特徴です。

 

 

症状として、耳の裏側や耳たぶ、
ひじ、ひざなどの関節付近が乾燥して、強い痒みを伴います。

 

 

また、皮膚が切れて、ジュクジュクになったり、
皮膚が厚く硬くなりガサガサしてくるのも特徴の一つです。

 

この様な症状が1歳を過ぎても良くならない時は、
アトピーの可能性が高いと言えます。

 

 

 

 

アトピーと診断されたら

 

 

お医者さんから処方された薬は、対処療法に過ぎません。

 

酷い時には使用するのも一つの選択肢になるかと思いますが、
改善を早くする為にも日常生活の中で
気を付けて行く事が何点かありますので、あげておきますね。

 

 

@アトピーになったら、お風呂の時間がとても大切になります。

 

 

使用する水は塩素が含まれていますので、
赤ちゃんに必用な菌まで殺してしまい、肌のバリア機能が低下してしまいます。

 

ですから浄水器を通した水を沸かすなどして使いましょう。

 

 

 

A入浴後は肌の乾燥を防ぐ為に、しっかり保湿をしましょう。

 

また、一日に何度も入れると乾燥が進んでしまうので、一回までにしましょう。

 

 

 

B赤ちゃんの肌に触れるものは、
柔らかいガーゼや綿、などの通気性の良い素材の繊維がオススメ!

 

 

化繊の物は赤ちゃんの皮膚を傷つけてしまうかもしれないからです。

 

また、赤ちゃんの寝るシーツの繊維や、
おもちゃなどにも配慮が必要です。

 

 

C離乳食を見直してみるのも必要!!

 

アトピーの症状は腸の状態で
左右されると言われているからです。

 

 

 

Dアトピーの原因は一つではないということ!

 

食物、花粉、ダニなど、
これらが複雑に絡み合って発症する為、室内環境を見直す必要もあります。

 

 

 

如何だったでしょうか。

 

 

乳児のアトピーは、治りにくいという事は少なく、
殆どは免疫の出来てくる
1才半〜2才頃に症状も軽くなり自然と治る事が多いと言われています。

 

 

それまでは湿疹が出来たり、治ったりと繰り返しますが、
基本は肌を清潔に保つ事、保湿剤を使ってしっかり保湿をする事です。

 

 

そして、医師から処方された薬を上手く使っていきましょう。

 

 

 

>>母子手帳に掲載の話題の保湿剤はコチラ!