乳児性湿疹には、どんな石鹸を使えばいいの?

 

 

生まれてすぐには、
皮脂の分泌が盛んな為に起きる「新生児ニキビ・脂漏性湿疹」

 

汗かきの赤ちゃんに多い「あせも」

 

生後3ヶ月過ぎ位から、
皮脂の分泌が落ち着くことで出来てしまう「乾燥性湿疹」などがあります。

 

 

原因は色々ありますが、抵抗力の付いてくる1歳位までには、
殆ど治ってしまいますので、そんなに心配する必要はありません。

 

 

しかし、気をつけてあげないといけない事もありますので説明していきますね。

 

 

まず、最初に覚えておいて欲しいのが、
乳児性湿疹は赤ちゃんの肌を清潔に保ち、
保湿をきちんとしてあげれば自然と治る、と言う事です。

 

 

そこで、赤ちゃんの肌を清潔にする事にお風呂があります。

 

使う石鹸は、何でも良いのか、どれが良いのか迷ってしまいますね。

 

 

 

 

正しい石鹸の使い方

 

 

湿疹が出てしまったら、石鹸で洗って、
清潔にしてあげる事が大切になってきます。

 

石鹸で刺激しない方がいいのでは?

 

 

と思うママもいるかも知れませんが、
石鹸を使わないと、汚れや余計な皮脂が落ちず、湿疹が酷くなる場合があります。

 

 

特に、脂漏性湿疹やニキビの場合は、丁寧に洗ってあげましょう。

 

 

オススメの石鹸は、
多少価格は高いですが添加物の少ない天然植物成分の石鹸です。

 

 

特に乳児湿疹がでている場合には、
この様な肌に優しいものを選んであげる事が大切になります。

 

 

石鹸を使う時は、赤ちゃん用の石鹸をしっかり泡立てて洗いますが、
石鹸を泡立てるのは大変だと言う方は、泡状になって出てくるポンプタイプの石鹸がおすすめです。

 

 

赤ちゃんの、特にしわになっている部分やお尻は、
かぶれやすく湿疹になりやすいので、忘れず綺麗に洗いましょう。

 

 

もし、赤ちゃんの顔や頭皮にかさぶたの様な物が付いていたら、
無理に剥がさず、お風呂に入る前にワセリンや
ベビーオイルを塗るとふやけますので、お風呂でやさしく取り除くことができます。

 

 

赤ちゃんの顔は石鹸で洗わなくても良いのではと思うかもしれませんが、
顔こそ肌が露出していて汚れも付着し易く、皮脂汚れもあります。

 

 

ですから、泡立てた石鹸で、ほっぺ、おでこ、口周り、
あごの下、首回りも忘れず、泡で優しく洗ってあげましょう。

 

 

石鹸で洗った後は湿らせた清潔なガーゼなどで、優しく泡を拭きとりましょう。

 

顔のすすぎは、目に入らないように気を付けて、
ガーゼで優しくすすいであげると上手くいきます。

 

 

石鹸のすすぎ残しがあると、
乳児性湿疹が悪化してしまうかも知れませんので、丁寧にすすぐことが大切です。

 

 

しかし、赤ちゃん用の石鹸でも、
肌に合わない可能性もあります。

 

 

使っていて湿疹が出てきたら、
一旦使用を中止しましょう。

 

 

この様に、乳児性湿疹は石鹸で
丁寧に洗ってあげるのが大切だとお判り頂けたとおもいます。

 

 

後は、ご自分の赤ちゃんに合った石鹸を選ぶ事も大切になります。

 

 

>>母子手帳で紹介の大人気保湿剤はこれ!